転写民芸

有田の老舗窯元・幸楽窯とまちづクリエイティブによる「転写民芸」プロジェクトが開始

0

作家自身が現地に趣き、ワークショップを体験するという制作プロセス

7_015-7869

ー第1弾の3名のアーティストは、どのような基準で選定されたのでしょうか?

小田 まず、陶芸作家じゃないこと。いわゆる陶器とは全く無縁のアーティストやクリエイターとコラボレーションしたいと考えました。あと、リサーチ型の作家であること。「転写民芸」プロジェクトで大切なのは、実際に現地に赴くことです。ほとんど陶芸をやったことのない作家が、幸楽窯が持っているスキームでワークショップや絵付体験をして、倉庫の中で大量のアーカイブと向き合う。そういった手順を作品にフィードバックしてほしいんです。

ー自分だけで作品を作るというよりは、周囲の環境や関係性をインストールできるタイプの作家である必要があるということですね。

小田 そうですね。今後も参加してくれる作家さんたちには、必ず幸楽窯まで来てもらうつもりです。その意味で、今回の参加作家であるたかくらさんもシシさんも、ちゃんと現地に赴いて、その場のバイブスを生かしてくれるアーティストだと思ったのでオファーしました。

ーそもそも、幸楽窯さんの転写技術というのはどのようなものなのでしょうか?

小田 プラモデルのデカールに似てますね。水で濡らして貼るシールです。転写する前は黄色いシートなんですが、それを貼って焼き付けると、黄色が消えて一気に赤や青といった色が出ます。その際に、僕らがやっても当然シワが寄ったり、ひび割れたり削れたりして、なかなかうまくいかないんです。でも、幸楽窯にはその技術を持った職人さんがたくさんいます。転写シートを貼る技術はオートメーションできない職人技だから、本当に稀有ですね。

9_003-7883

ー実際にアーティストたちと去年末に現地入りしてみて、どんな印象でしたか?

小田 3日ほど滞在しました。徳永さんもアーティストと話すのを楽しみにしている人だから、非常に和気あいあいとした雰囲気で、ご意見も多数いただけました。「転写民芸」は地場産業と連携したプロジェクトなので、そうした交流がベースにあります。そこで絵付体験や転写のワークショップを行い、倉庫のアーカイブと向き合いながらデザインを考えてもらいました。そして東京に帰ってから作品案を幸楽窯に提出してフィードバックをもらい、修正を重ねていきます。最終的に幸楽窯で転写を施して焼き上げてもらって、3つの作品が完成しました。

香炉であり一輪挿しでもある、小田さんの作品

1_075-8184

10_085-8205

ーそうして出来上がった小田さんの作品は、どういった発想から生まれたのでしょうか?

小田 はじめは小さいサイズの一輪挿しを作ろうと考えて、ディティールがおもしろい型を探しました。本当はひょうたん型を使おうとしたんですが、今回作ったグラフィックが複雑すぎて難しいという話になり、再度幸楽窯に行ってディグったのが、これ。もともとは香炉のようです。一輪挿しとしても使えるし、もちろん香炉としても使える。こういう専門的に使う器って、今なかなかの贅沢品ですよね。

ーこのグラフィックはどういうイメージなのでしょう?

小田 デザインされている「アパシー(apathy)」という言葉は、「無気力」という意味です。実は僕は普段から収集している英単語があります。それは、日本語では「無」などの否定語がついているんだけれど、英語にしたときに「un」や「less」といった否定語がつかないもの。つまり、一つの単語で否定を表現できている言葉ですね。日本語で「無気力」というと、気力があるというエネルギッシュな状態に対する打ち消しの表現ですよね。それは日本語の便利なところであると同時に、言葉としてちょっと不毛だなと思うところでもあります。でも、英語だとその状態に「アパシー」というユニークネスが与えられている。他にも「無視(ignore)」や「無限(eternally)」と、いくつもありますよ。

ーおもしろい! 言葉からの発想だったんですね。

小田 そう。この目は無気力だから白目を剥いてるんです(笑)。

ーこの色味や幾何学的なパターンにはどのような意図があるのですか?

11_006-7899

小田 まず、転写の性質上グラデーションが使えないので、分かりやすい色の塊でパターンを作ろうと思いました。垂直水平の切り返しや意味不明なパターンを混ぜ合わせることで、生活必需品として陶器が持っている装飾の無意味性が表現できるんじゃないかなと考えました。似てるようで実は相反する思想のデ・ステイルとメンフィスデザインを混ぜることで、より無意味性を発揮しているはずです。目に関しては、セサミストリートやKAWSなんかのマッシュアップなんですが白目を剥いてます。直線的なものと曲線的なものに「無意味」という意味を持たせることが大事なんじゃないかなと。

ー焼き上がるまで色味が分からないということでしたが、何度か試作品を作ったのでしょうか?

小田 いえ、一回だけです。だからこれはファーストサンプル。本当に幸楽窯の職人さんのセンスの賜物ですね。こちらの指定した色味以上のものが仕上がりましたから。

12_095-8228

ーやはりクラフトワークの真髄なんでしょうね。

小田 絵付の指示は徳永社長にやっていただきました。社長自身、陶磁器について精通されている方なので、デジタルからアナログへの変換も上手にやっていただけました。また、いい意味で僕たちはクラフトの人間じゃないので、普段モニターの色味しか見ていないわけです。だから、立体化した時の色味に関しては目が肥えていない。その意味で、幸楽窯の職人さんの職人芸が、僕たちの想像力の遥か上をいく仕事を見せてくれましたね。

13_012-7951

都内セレクトショップでの販売から始まる「転写民芸」

14_001-7871

ー「転写民芸」プロジェクトの今後の展開はどのように考えていますか?

小田 マルチプルとして売っていきたいので、まずは都内のセレクトショップで数点ずつ置いてもらう予定です。また、「転写民芸」という試み自体を世の中に提示していきたいですね。陶器は今ちょっとしたブームですが、「転写民芸」はマルチプルという点において、第三勢力的だと感じているんです。プロダクトでもアートでもない「陶芸の第三勢力」。そんなマルチプルブランドとして、細く長く続けていきたいですね。

実は転写って、有田焼に携わる人たちからすると、手書きの絵付に比べて低く見られがちなんだそうです。だから、もし僕が地元出身だったらアレルギーがあったかもしれないけど、事情を知らない東京の人間だからこそ、転写をポジティブに捉えられるという側面があるのかもしれません。現地が硬直して動きづらくなっているところに、東京の人間が敬意を持ちつつ楽しんで関わることで、風通しがよくなるし、結果としていいプロダクトが生み出される。それを許容してくれる窯元さんと一緒に実験をしていくのは、すごく重要なことだと思っています。

ーマレビトの視点で異なる領域に入っていき、共に語り合うことで、現地の人に自分たちの持っている魅力を再確認していただく。これからの「転写民芸」が、背景のストーリーも含めて陶器の美しさを感じられるようなプロジェクトに育っていくことを期待しています。

15_029-1008220

PROFILE

小田雄太 / Yuta ODA

まちづクリエイティブ取締役 クリエイティブディレクターCOMPOUND inc.代表、多摩美術大学グラフィックデザイン科非常勤講師

アートや音楽、ファションからニュースメディアまで、様々な領域のプロジェクトデザインやブランディングを手掛ける。最近の主な仕事としてdiskunion「DIVE INTO MUSIC」,「NewsPicks」,COMME des GARÇONS「noir kei ninomiya」など。

0
この記事が気に入ったら
いいね!しよう